​吹奏楽部長挨拶

 こんにちは。

 この度は、立教大学体育会応援団のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。
本年度吹奏楽部長を務めます、石田茉歩と申します。

 私たち吹奏楽部は、観客席を巻き込み、選手の方々を勝利に導く「応援」、応援曲からクラシックやポップスまで様々な形態の音楽を奏でる「演奏」、一体となった隊形変化で皆様を魅了する「ドリル」の三つを主体に活動しております。
 このように幅広い活動をしておりますが、どの活動においても観に来られるお客様を一番に想い、向上心や探求心を忘れずに日々活動に邁進しております。

 さて、本年度吹奏楽部は「Oneness」というスローガンを掲げました。
Onenessには二つの原意があります。
 まず一つ目は統一、調和です。音楽による人を巻き込む力によって、部を繋ぎ、選手の方々やお客様と一つになって参りたいと考えております。
 二つ目は独自性、唯一無二の存在であるという意味です。一年間部員全員で同じ目標に向かって団結する中で、自分にしかできないことを考え、一人一人が
掛け替えのない存在になってほしいという思いを込めました。

部員一人一人が輝くことで、立教大学の個性溢れる魅力的な音楽を作り上げ、皆様に感動をお届けしたいと思っております。

 最後になりましたが、平素より多大なるご支援、ご協力を賜っております皆様方に対しまして、この場をお借りして厚く感謝申し上げます。今後ともどうぞ宜しくお願いします。

​平成三十一年一月吉日

吹奏楽部長 石田茉歩     

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now